IWCのオーバーホール料金は?正規店と民間業者どちらがいい?おすすめ業者を紹介!

時計別

IWCをオーバーホールに出す頻度はどれくらいがいい?

一般的な時計のオーバーホールに頻度の目安は、機械式時計で3~4年に一度、クォーツ時計で4年に一度と言われています。

ですので、IWCに関しても、種類によって多少異なりますが、4年に一度前後はオーバーホールに出すのが良いでしょう。

また、長期間オーバーホールに出さずに時計を使い続けていると、部品の劣化や破損などによって、部品交換が必要になってくる場合があります。その際は、料金が高くなってしまったり、オーバーホールにかかる期間が長くなってしまったりすることもあるので、注意しましょう。

オーバーホールの過程は以下のようになっています。

  • 分解する
  • パーツを一つずつ外していき、壊れていれば交換する
  • パーツを洗浄する
  • オイル挿しなどを行い再度組み立てる
  • 精度等の最終チェックを行う

IWCのオーバーホールにかかる期間

一般的に時計のオーバーホールは、正規メーカーだと4週間~6週間ほどかかります。

IWCの場合は、オーバーホールを依頼して全て完了するまでに、1.3カ月以上はかかります。

一方で、民間業者の場合は、業者によって多少異なりますが、2週間~4週間で終わる場合がほとんどです。

しかし、部品交換が必要か否かなどによって期間は前後しますので、あくまで目安程度に考えておくほうがよいでしょう。

IWCのオーバーホール料金

正規店の場合

モデル料金期間
クオーツ33,000円約1.3ヶ月~
クオーツ・クロノグラフ52,000円約1.3ヶ月~
手巻き36,000円約1.3ヶ月~
自動巻き36,000円約1.3ヶ月~
クロノグラフ 66,000円約1.3ヶ月~
スプリットセコンド86,000円要見積り
永久カレンダー55,000円要見積り

民間業者(CIEN)の場合

モデル料金期間
クオーツ16,000円約3週間
クオーツ・クロノグラフ 28,000円約3週間
手巻き23,000円約3週間
自動巻き23,000円約3週間
クロノグラフ 34,000円約3週間
スプリットセコンド 要見積り 要見積り
永久カレンダー要見積り 要見積り

正規店と民間業者のメリット・デメリット

正規店

正規店のメリット

  • 技術力が高い
  • 保証期間が長い(1年以上)

正規店のデメリット

  • 料金が高い
  • オーバーホール期間が長い

民間業者

民間業者のメリット

  • 料金が安い
  • オーバーホール期間が短い

民間業者のデメリット

  • 保証期間が短い業者もある(3カ月~1年)
  • 技術力が低い業者もある

正規店と民間業者どちらに依頼するべき?

結論をまとめると

  • 料金が安く、すぐ手元に時計を戻したいという方には民間業者がおすすめ!
  • 料金が高く期間も長くていいので、技術力や保証期間を重視したい方は正規店がおすすめ!

また、民間業者に関しては、技術力や保証期間が業者によって異なりますので、優良業者を選んだほうが良いです。

郵送で全国に対応しており、技術力・保証期間ともに良い条件のおすすめ業者をご紹介しますので、よろしければ参考にしてみてください。

【全国対応】IWCのオーバーホールおすすめ業者

CIEN(シエン)

おすすめポイント
  • オーバーホール価格がメーカー修理の最大60%OFF
  • オーバーホールの納期が約3週間
  • 安心の1年間品質保証
  • 見積り・梱包キット無料(全国対応)

WATCH COMPANY

おすすめポイント
  • 最短2週間で納品
  • 原則3営業日以内の見積もり
  • 多くの修理実績

オロロジャイロ

おすすめポイント
  • 経験10年~30年の技能士だけが在籍
  • 安心の1年修理保証
  • アンティーク時計の修理も可能
タイトルとURLをコピーしました